認定看護師になるために必要なお金にはどんなものがある?

認定看護師になるためには時間だけではなくお金もかかります。それぞれの生活状況や入学する教育機関によっても異なりますが、最低でも150万、最高で250万以上のお金がかかります。

内訳としては必ず必要になるお金が100万円、ひとによって必要な金額が異なるお金が100万から150万円くらいです。

お金と女性

必ず必要になるお金

入試検定料 約5万円
入学金 約5万円
授業料 約70万円
実習費 約10万円
認定審査費用 5万円
認定費用 5万円

認定審査料や認定料は認定看護師になるためには必ず必要なお金です。認定審査料は認定審査に応募するときに必要になるお金、認定料は審査に合格したときに認定証を発行してもらうための費用になります。

入学金や授業料は入学する教育機関によって異なりますが、おおむね70〜100万円程度となります。病院によってはこのお金を全額、あるいは一部負担してくれる場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。

人によっては必要になるお金

家賃 約40万円(8万×6ヶ月)
生活費(食費、携帯代、交遊費など) 5万円〜8万円
引越し費用 約6万円
実習先での宿泊費 約10万円
交通費 約10万円
書籍代 約10万円
パソコン代、通信費 約14万円

教育機関の数はまだまだ数は少なく、認定を受けたい分野の授業を実施している教育機関が近くにあるというケースは少数派です。一時的にでも引っ越さないと通学ができないということのほうが多いです。

そのため、認定看護師を目指す人のほとんどが、家具付きのマンスリーマンションなどを借りて通学しています。

その家賃が必要になる他、今のマンションの家賃も払い続けることになるので、家賃の支払い金額は倍近くになります。当然、食費や光熱費も必要になるので、これまで通りに生活費もかかってきます。

また、認定看護師の授業ではレポートの作成や、データの分析、プレゼン資料の作成など、パソコンは頻繁に利用します。

パソコンをまだもっていないひとはパソコンの購入資金も用意しましょう。ワードやエクセル、パワーポイントなどの基本ソフトが入っていないというひとはそれも買う必要があります。

支援制度を活用する

以上のように認定看護師を目指すためには200万円くらいは必要であることが分かったと思います。

それだけの貯金があれば問題はありませんが、そうでないひとがほとんどだと思います。そういうときには病院の支援制度や奨学金を活用するようにします。

支援制度は病院によって異なりますが、6ヶ月の在学期間中も基本給や賞与の一部や全額を支給してもらえる場合があります。

奨学金についても6ヶ月で120万や、月額で8万円程度の貸与を受けることができます。

詳しくはこちらで解説しています。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。