集中ケア認定看護師にはどんな役割と仕事があるのか

話しかける看護師

集中ケア認定看護師の役割

医療の高度化・複雑化に伴って、看護の現場でも専門的なスキルを必要とする業務は増えています。

集中ケアの領域では重症患者の集中ケアを実践するスペシャリストの必要性が高まり、その中で誕生したのが集中ケア認定看護師です。

集中ケアとは「重症かつ集中治療を必要とする患者、ご家族への看護、いわゆる生命現象の危機状態にある人間の反応に対処する看護」のことを指し、具体的には手術後や急激に病気が悪化した患者、事故などで重症の患者などに対する看護がこれに当たります。

主な現場は集中治療室などとなり、的確なアセスメントにより病態の変化を予測し、重症化を回避するための援助を行うことが役割です。

治療によるストレスからくる苦痛や不安を緩和し、回復に向けて病気と戦う力を与えることも大事な役割です。

集中治療を受ける患者へのケアはチームワークが重要になるため、医療チームの中で自分がどんな役割を担い、どのような方法でチームのケアレベルを向上させるかを考えることも求められます。

集中ケア認定看護師の授業内容

共通科目(150時間)


共通科目では集中ケアだけでなくすべての分野の認定看護師に共通する基本的な知識や技術を学びます。

「看護管理」「リーダーシップ」「文献検索・文献購読」「情報管理」「看護倫理」「指導」「相談」「対人関係」「臨床薬理学」「医療安全管理」の10科目を履修します。

共通科目を通して認定看護師としての土台となる知識を学び、専門基礎科目や専門科目で得た知識を現場で活用できるようにするための能力を身につけます。

授業は講義形式だけでなく、グループワークを取り入れた参加型の授業が多く取り入れられています。集中ケア以外の分野の受講生とも交流する場面があるので、多角的な視点で自分が選んだ分野を見つめる機会にもなります。

専門基礎科目(130時間)


集中ケアに必要な基本的な知識を習得します。

脳神経系、呼吸器系、循環器系のフィジカルアセスメントや家族のアセスメント、集中ケア領域で必要になる安全管理に関する知識、集中ケアにおける医療チームでのコミュニケーションやストレスマネジメントについて学びます。

専門科目(165時間)


集中ケアに必要な専門的な知識を習得します。

授業では機能障害を持った患者のケアやその対策について、及び呼吸機能や循環機能、免疫機能などの維持向上へ向けたアプローチ方法、家族へのケア方法などについて学びます。

演習(180時間)


集中ケアに必要な専門技術の演習の他、具体的な事例を元にしたケア方法についてのディスカッション、 文献から得られた知見をまとめる文献演習、実習先の医療機関で目にした具体的な事例を報告するケースレポートなどを行います。

実習(180時間)


教育機関から離れて1ヶ月半程度、近隣の医療機関で実習をします。

実習では実際に集中ケアを必要とする患者を受け持つ他、スタッフへの指導や、相談的役割を担当、カンファレンスや事例検討会への参加などを行います。講義で学んだ知識や技術を実際の看護の場面でいかに実践できるかが問われます。

学内ケースレポート発表会(全学科合同)


講義や技術演習、実習先の医療機関で学んだことをすべての学科の学生に共有する発表会です。

自らの発表の準備や発表を通じて、学んだことを振り返りまとめることができる機会になるだけでなく、他の学生の発表から多くのことを学ぶ機会になります

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。