ACLSプロバイダー

資格のデータ

費用の目安 50,000円
取得期間 2日
合格率 非公開だが推定90%以上
難易度 低い
認定者数

ACLSプロバイダーとは

救急で運ばれる患者

ACLSプロバイダーは、心肺蘇生法、心停止・重症不整脈・脳卒中・急性冠症候群の診察及び治療法、薬剤投薬や気管挿管、モニター心電図や手動式除細動器によるチーム蘇生などのスキルを体系的に学ぶ資格です。

患者の急変時こそ迅速かつ的確な処置が必要であるとされていますが、たとえ医療従事者であっても、突然の出来事に冷静さを失ってしまうことがあります。この資格は救急時にも冷静に対処できるようになることに主眼が置かれており、この資格を取得することで、落ち着いて対処できるようになることが期待されています。

認定しているのは、アメリカ心臓協会(AHA)と正式に提携している特定非営利活動法人日本ACLS協会です。日本ACLS協会が日本国内で資格取得のための心肺蘇生教育プログラムを実施し、認定を行っています。

病院にはさまざま症状や疾患をもつ患者がいます。心臓発作や心停止を起こす人、喘息発作で呼吸困難に陥る人など容態が急変する人も少なくありません。ACLSプロバイダーの主な仕事は、そうした重篤な患者や容態が急変した患者に対し、適切な救命処置を行うことです。

看護師が資格を取得するメリット

1.救急看護のスキルアップになる

救急看護における最新の知識・技術を習得することができるため、特に救急外来や救命で働く看護師のスキルアップにつながる有益な資格といえます。2日間の講習と講習後の認定試験のみで取得することができるので、長期間の休みが取りにくい看護師でも取得しやすい資格です。

2.冷静に対処できるようになる

この資格を取得することで救命処置に関する高度な技術や知識・対処法を身につけられることから、医療現場における患者の容態急変に対して、冷静かつ適切に救命処置を行うことが可能になります。

ACLSプロバイダーになるには

■1. 講習会(2日間)
日程:学会のHPに掲載
開催場所:全国各地
費用:38,300円

■2. 認定審査
講習会後に筆記試験あり

■3. 認定
登録料:なし

■4. 更新
2年ごとに更新。
※更新料:23,300円

受験資格

学会への加入の必要性 不要
臨床経験 不要
学会・講習会への参加 全国で随時開催されている講習会に参加する必要あり
その他の受験資格 不要

問い合わせ先

  • 特定非営利活動法人 日本ACLS協会
  • TEL:047-468-8912
  • FAX:047-468-8913
  • MAIL:info-staff@acls.jp
  • HP:http://www.acls.jp/

その他のキャリアアップ資格

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。