音楽療法士

資格のデータ

費用の目安 300,000円
取得期間 約3年
合格率 100%
難易度 高い
認定者数 2000名~

音楽療法士とは

ピアノと楽譜

音楽療法士は、病気や障害を持つ人たちに対し、音楽を使用した治療支援をする専門家のことです。短期的な効果を狙うものではなく、長期的に聴力・視覚・触覚等を刺激することで、ストレスを軽減し、基本的動作能力の維持向上や社会的応用能力の回復を図ることが狙いです。

対象となる人は乳幼児から高齢者、自閉症、脳性まひ、認知症の方など幅広いため、資格保有者は病院・高齢者施設・障害者施設・特別支援学校など、様々な場所で活躍しています。

主な仕事は、対象者の状態に合わせた音楽プログラムを作成した上で、音楽のもつ力を利用したリハビリテーションを行うことです。

具体的な手法としては、クラシックや思い出深い音楽を聞かせることで精神安定の効果をもたらす「受動的音楽療法」と、リハビリを受ける人と音楽療法士が一緒に歌を歌ったり演奏したりリズムに合わせて身体を動かす「能動的音楽療法」があります。

それらの音楽療法を実施していくなかで、どのような変化や効果が見られるか確認し、その都度治療法の変更・改善も行います。また、必要に応じてカウンセリングを行うこともあるため、音楽療法士は心理カウンセラーの役割も担っているともいえます。

看護師が資格を取得するメリット

1.患者の支援に役立つ

精神科や緩和ケア科では音楽療法が積極的に取り入れられていることから、資格取得者が活躍する場面は多くあります。特に疼痛緩和や精神的なストレスの軽減に効果が実証されてきていることから、患者の支援に役立てることができます。

2.介護施設や福祉施設でも役立つ

病院だけでなく、介護施設や福祉施設、児童施設などでも音楽療法士が活躍しています。看護師にプラスアルファで持っておくことで、転職活動でも有利に進めることができます。

音楽療法士になるには

■1. 必修講習会
日程:随時開催
申し込み方法:ホームページより申込書をダウンロードし、郵送
受験料:240,000円(1コマ3,000円×80コマ)
※音楽試験受験料が別途10,000円必要
場所:東京など

■2. 筆記試験
日程:年1回
受験料:10,000円
場所:東京など

■3. 面接試験
日程:年1回
受験料:10,000円
場所:東京
試験内容:多肢選択式100問・小論文

■4. 認定
認定料:30,000円

■5. 更新
5年おきに更新手続きが必要
※学術大会・講習会・研修会の受講や研究発表などにより50ポイントを取得しなければならない。

受験資格

学会への加入の必要性 日本音楽療法学会の会員であること
臨床経験 5年以上の臨床経験(うち2年以上は音楽を使用)
学会・講習会への参加 下記①~③全てを満たしていること
(1)同学会の必修講習会の受講
(2)音楽療法関連分野(医学・心理学・福祉・教育)18単位取得
(3)学会参加、研究発表、スーパービジョンの受講など、200 ポイントの取得
その他の受験資格 不要

問い合わせ先

  • 日本音楽療法学会
  • TEL:03-5777-6220
  • FAX:03-5401-0337
  • MAIL:-
  • HP:http://www.jmta.jp/

その他のキャリアアップ資格

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。