家族相談士

資格のデータ

費用の目安 230,000円
取得期間 1年程度
合格率 80〜90%
難易度 普通
認定者数

家族相談士とは

看護師と患者の家族

家族関係の調整、健康な家族関係を作るための助言・指導、家族内での問題解決のための心理的支援を行う専門家です。

家族に対する心理的援助の専門団体として研究・研修活動を行っている日本家族心理学会(1984年設立)とNPO法人日本家族カウンセリング協会(1985年設立)が認定しており、人間発達研究・夫婦家族研究・倫理・法律などに関する確かな知識とカウンセリング技術を身につけた者であるという証明になる民間資格です。

平成27年時点での資格保有者は1830余名に達しており、家族やそれを取り巻く社会状況の中で様々な混乱や葛藤が起きていると言われる現代において、医療機関・教育関連施設などにおける家族相談士の活躍が注目されています。

家族相談士の主な仕事は、家族間での悩みや問題を解決するために必要な助言や指導、適切なアドバイスを行うことです。

不登校や虐待などのように、家族問題は家庭内の人間関係だけでなく、学校・職場・地域社会などとも深く関係しています。それらを相互的に捉え、家族を取り巻く環境にも目を向けながら心理的アプローチをしていくことが大事な役割となっています。また、家族を一つのシステムとして認識し、家族関係のゆがみを正し、バランスを調整していくために行う家族カウンセリングも大切な仕事です。

看護師が資格を取得するメリット

1.患者とその家族の心のケアに役立つ

看護師は患者やその家族と関わる機会が非常に多い立場です。専門知識と技術を習得することにより、悩みや不安を抱える患者とその家族に対して心理的な面から適切にサポートすることができるようになるでしょう。

2.幅広い分野で活躍できる

家族相談士になるためには、家族・社会問題・いじめ・虐待・法律・カウンセリング技術など、幅広い分野について学習します。そのため、資格取得後は医療機関だけでなく、保育園から大学までの教育現場、自治体が設置する相談窓口、家庭裁判所など多種多様な現場で活躍する機会があります。

家族相談士になるには

■1. 講習会
日程:2015年5~11月ごろ
申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付
受験料:162,000円(別途資料代10,800円が必要)
会場:東京、大阪、仙台

■2. 書類審査
日程:12月下旬
申し込み方法:講習会で募集要項を入手可能、また、ホームページにも随時掲載
受験料:書類請求費用1,000円/資格認定審査料20,000円

■3. 筆記試験・面接審査
日程:2月初旬~3月初旬
会場:東京、大阪、仙台

■4. 認定
認定料:30,000円

■5. 更新
5年おきに更新手続きが必要
※資格更新申請費用10,000円/資格更新登録費用20,000円
※研修会などで単位を取得する必要あり

受験資格

学会への加入の必要性 日本家族カウンセリング協会か日本家族心理学会に入会
臨床経験 家族心理学の領域で、研究実績及び臨床実績を有する者
学会・講習会への参加 「家族相談士養成講座に登録し、修了を認められた者
その他の受験資格 不要

問い合わせ先

  • 特定非営利活動法人 日本家族カウンセリング協会
  • TEL:03-3316-1955
  • FAX:03-3316-1956
  • MAIL:-
  • HP:http://www.j-f-c-a.org/

その他のキャリアアップ資格

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。