日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員

資格のデータ

費用の目安 35,000円
取得期間 2日
合格率 非公開だが推定90%以上
難易度 低い
認定者数

日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員とは

排泄の手伝いをする看護師
日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員は、失禁や排泄困難な方、またその家族をサポートする目的で設立された資格で、日本コンチネンス協会が認定しています。

排泄に問題がある方は、要介護状態の方だけではなく、神経因性膀胱のような病気で排泄困難な方もあれば、頻尿の方、蓄尿・畜便障害の方もいます。

排泄はデリケートな問題で、不安や悩みを抱えていてもなかなか相談ができないものです。

そこで、排泄に関する正しい知識を持った排泄ケア専門員は、排泄に悩みを抱える方の相談に乗り、指導やアドバイスを行います。



例えば、医療機関に受診するべきか、薬で治療するべきか、あるいは日常の訓練で解決するのか。様々な症例に対して適切なアドバイスをするのが排泄ケア専門員です。

高齢者の介護現場や、入院病棟などで、主に活躍しています。

看護師が資格を取得するメリット

1.現場で実践的に役立つスキルが身につく

資格取得のためのセミナーでは排泄・排尿の仕組みから、医療で使用する排泄器具の使い方まで幅広く学ぶことができます。排泄・排尿に少しでも関わることがある看護師であれば、すぐに活用できる実践的なスキルを身につけることができます

2.ステップアップができる資格

排泄ケアを必要としている方の中でも、排尿障害や消化器系の病気で、ストーマやろう孔を造設されている方もあります。このような医療行為に関わる排泄ケアは、排泄ケア専門員1級の資格となります。ステップアップをすると、このような高度な排泄ケアの相談に応じられるようになります。

3.介護施設や病院でのニーズが高い

排泄に問題を抱える方は、やはり圧倒的に高齢者が多く、そのほとんどが病院や介護施設に入所しています。これらの施設で働く場合、排泄ケアの専門知識があると非常に役立ちます。病院だけでなく介護施設でも役立つ資格なので、看護師のキャリアアップのための資格としてはおすすめです。

日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員になるには

■1. セミナー受講
日程:12月〜翌3月ごろ
場所:全国各地で開催予定
受講料:33,000円
※セミナーの受講前に事例の提出が必要
※セミナー受講後に試験実施

■2. 認定
認定料:5,000円

■3. 更新
5年おきに更新手続きが必要
※認定審査料:2,000円、認定登録料:5,000円
※5年で50単位以上を取得

受験資格

学会への加入の必要性 同協会の正会員であることが必要
臨床経験 排泄ケア(本人・家族以外)実務経験
学会・講習会への参加 セミナーの受講
その他の受験資格 不要

問い合わせ先

  • 特定非営利活動法人 日本コンチネンス協会
  • TEL:03-3301-3860
  • FAX:03-3301-3587
  • MAIL:jimukyoku@jcas.or.jp
  • HP:http://www.jcas.or.jp/

その他のキャリアアップ資格

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。