認定看護師の授業内容・試験内容は?どんなことを学べる?

メモをとる看護師

認定看護師の基本的なカリキュラム

授業は専門学校や大学と同じように1クラス15〜30名に分けられて授業を行います。 基本的なカリキュラムは共通科目、専門基礎科目、専門科目、演習・実習で構成されています。

共通科目はどの認定分野を選んでも必要な科目で、それ以外は選んだ認定分野によってカリキュラムが異なるものになります。(ここでは「がん化学療法看護」の分野のカリキュラムを紹介)

■共通科目

教科目 時間数
必須教科目
看護管理 15
リーダーシップ 15
文献検索・文献講読 15
情報管理 15
看護倫理 15
指導 15
相談 15
選択共通科目
対人関係 15
臨床薬理学 15
赤十字概論 15
合計 105時間

■専門基礎科目

教科目 時間数
必須教科目
がん看護学総論 15
症状マネジメント論 15
腫瘍学概論 15
がん化学療法概論 30
臨床薬理の知識と活用方法 15
臨床試験と治験コーディネーター 15
がんの医療サービスと社会的支援 15
合計 120時間

■専門科目

教科目 時間数
がん化学療法患者・家族のアセスメント 15
主要ながん化学療法薬レジメンとその看護 30
がん化学療法薬の投与管理とリスクマネジメント 30
がん化学療法概論 30
がん化学療法に伴う身体の変化と症状緩和技術 30
がん化学療法患者へのセルフケア支援 15
外来/在宅がん化学療法と看護援助 15
合計 150時間

■演習・実習

教科目 時間数
総合演習 60
臨地実習Ⅰ(自施設実習) 45
臨地実習Ⅱ(他施設実習) 135
合計 225時間

ざっと見ても分かる通り、それぞれ分野を深く掘り下げた内容になっているので、勉強するボリュームはかなりのものです。

講義内容には文献に載っていないような最先端かつ高度な内容も含まれているので、きちんと理解するためには毎日の予習・復習は欠かせません。授業以外の時間はほとんど自習に当てることになります。

認定看護師の授業内容

上記のカリキュラムだけを見ると講義式の授業が多いような印象をいだくかもしれませんが、ただ講師の話を聞くだけという授業だけでなく、ロールプレイングや技術演習、グループワークなどの授業が多く盛り込まれているのが特徴です。

レポートやプレゼン式の発表の機会も多いので、教えてもらうというよりは学んだ事や自分の考えを発表する参加型の授業が多くなります。

ちなみに、レポートの提出はすべてパソコンで作成することになる他、発表の資料やデータ分析などにパソコンを使うことになります。

連絡事項もメールで送られてくることが多いので、まだパソコンをもっていないひとは授業までに購入したほうがいいでしょう。

パソコンが苦手であれば、タイピングや基本ソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)の操作に慣れておくようにします。

でないと、パソコンの操作を覚えるだけでエネルギーを消耗してしまいます。

認定看護師の現場実習

大病院

教育課程の後半になると、教育機関を離れて1ヶ月半、近くにある病院で自分の専門領域の患者を受け持つ隣地実習が行われます。

実習では看護計画の立案や記録をはじめとし、教育機関に報告用のレポートも作成します。

実習とはいえ、初めての病院で周りのスタッフとコミュニケーションをとりながらになるので、かなりハードな1ヶ月半となります。

実習が終われば、そこで得たことや学んだことを報告し、それぞれの成果や課題について発表します。講義で学んだ知識や技術を実際の看護の場面でいかに実践できるかが問われます。

研修終了から認定試験までの期間はどうやって過ごす?

教育機関での研修は12月か3月に修了するので、試験までの数ヶ月間は勤務先の病院に戻って、勤務を続けながら試験勉強をすることになります。

実はこれがかなり大変だといわれ、病院での通常業務を続けながら勉強することに苦労したというひとは多くいます。残業時間や深夜勤務が多い人は特に苦労が多かったようです。

仕事と勉強を両立するためには、周囲のひとに配慮してもらうことはもちろんのこと、要虜よく時間管理をすることが必要になってきます。

認定試験の内容

試験用紙

認定看護師の認定試験は1年に1回、日本看護協会が実施しています。例年、3月ごろに受付を開始し、5月ごろに試験が行われます。会場は宮城、東京、愛知、大阪、福岡の5会場です。

試験は四肢択一のマークシート方式です。共通科目を含めた各認定看護分野の教育基準カリキュラムから出題され、時間は120分です。

合格率は90%以上とかなり高い値です。これは認定看護師になるための教育機関に入学するための試験があることや、入学しても卒業するのが大変であるため、それらを通過することができれば、必然的に認定試験の合格率が高まるためだと思われます。

決して、認定看護師になるのが簡単であるという意味ではないので注意が必要です。

試験当日は同窓会?

試験は全国4会場で一斉に行うので、全国に散らばっていた仲間と再会をはたすこともしばしばです。仲のいい友人から、しばらく会っていなかった友人までいろいろなひとに出会えます。

そんなこともあって、試験当日の会場はちょっとした同窓会のような場になります。緊張感の中にも懐かしさもあって、会場は独特の空気に包まれます。

試験の後は一緒に食事なんていうのもありですね。そんな楽しみもあるのが認定試験なのです。

最後に

さて、これらの授業内容をみてどう感じましたか?「かなり大変そうだな。。。」と思われた方も多いんじゃないでしょうか。

実際、卒業生に話を聞けば、口を揃えて「大変だった」と言っています。在学中は休日も休みなく、寝る間も惜しむくらい勉強する覚悟で臨んだほうがいいでしょう。

もちろん、ただ大変なだけでなく、そこで得られる専門的な知識や技術は今後の看護師人生で大いに役立つことばかりです。同じクラスで一緒に頑張った仲間とは一生の友人になるかもしれません。

6ヶ月間はかなりのエネルギーを消耗することになりますが、得るものもはるかに大いので、なにがなんでもくらいついて頑張りましょう。

10月は好条件の求人が充実!

8〜10月は多くの病院や施設で求人の募集をかけるので、好条件の人気病院の求人が数多く集まります。8月から募集している病院は募集を締め切ってしまうところも出てきてるので、年内に転職するなら10月はラストチャンス!

オススメの求人サイトは看護師に人気の求人サイトの口コミランキングをどうぞ。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。