CRAとCRCの違い

考える女性

CRAとCRCの違い

製薬メーカーが開発した薬を病院で使ってもらうためには、厚生労働省に認可してもらうことが必要です。そのためには、承認前の薬を患者や健康な人に投与することにより、安全性と有効性(効果)を確かめる必要があります。これを治験といいます。

治験コーディネーターや臨床開発モニターは、この治験をスムーズに行うために管理・調整役となることが役割です。

治験コーディネーター(CRC)は主に治験を実施する医療機関を支援する企業に所属し、医療機関に派遣され、治験全般に関わる業務を行うコーディネーターとしての役割を担いますが、臨床開発モニター(CRA)は、製薬会社から治験業務を請け負う企業に所属し、治験の内容がGCP(医薬品の臨床試験の実施基準)に適しているかなどをモニタリングすることが役割です。

治験を依頼する側か実施する側か、どちらの立場に立って支援するかがCRAとCRCの違いになります。

仕事内容はどう違う?

治験コーディネーター(CRC)の仕事の中心は被験者の面談やフォローになります。被験者が治験について正しく理解し、安心・安全に治験に臨めるように支援するのが仕事です。患者と医師、製薬会社の三者の間に立って、各種の調整をすることも仕事です。
治験コーディネーター(CRC)として勤務する看護師の役割と仕事内容

臨床開発モニター(CRA)の仕事は治験を実施する施設と治験責任医師の選定から始まり、治験の申請に必要な書類の作成、治験の申請と契約、治験のモニタリングなどが仕事です。

治験薬に期待している疾患やその分野に関する知識について学習することも仕事のうちです。
臨床開発モニター(CRA)として勤務する看護師の役割と仕事内容

治験コーディネーター(CRC) 臨床開発モニター(CRA)
・被験者のスクリーニング
・被験者への説明
・被験者のフォロー
・治験を実施するチームの調整
・モニタリング・監査への対応
・報告書などの資料作成
・治験を実施する施設と治験責任医師の選定
・治療薬や適応疾患についての学習
・治験の申請と契約
・治験のモニタリング

その他の違い

■年収の違い
CRAは医療や薬に対する専門的な知識が必要になることや出張や残業が多いことなどから、年収はCRCよりも高めです。CRCの平均年収はおおよそ500万円前後ですが、CRAは600万前後になります。

■資格取得者の違い
CRCは看護師が最も多く、次いで臨床検査技師、薬剤師の順になります。CRAは薬剤師が最も多く、次いで、MR、臨床検査技師、看護師の順になります。

■男女比の違い
CRCは看護師資格保持者が多いということもあり、8割以上は女性です。一方、CRAの男女比は五分五分です。ただし、CRAは育児をしながら勤務することが難しいため、年齢とともに男女比は男性のほうが多くなります。

10月は好条件の求人が充実!

8〜10月は多くの病院や施設で求人の募集をかけるので、好条件の人気病院の求人が数多く集まります。8月から募集している病院は募集を締め切ってしまうところも出てきてるので、年内に転職するなら10月はラストチャンス!

オススメの求人サイトは看護師に人気の求人サイトの口コミランキングをどうぞ。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。