面接が通らない看護師の5つの特徴

バツをする看護師

1.基本的なマナーができない

遅刻はいうまでもありませんが、ちょっとしたところでマナーができていないひとはやはり評価が下がります。例えば、ノックしない、履歴書を渡すときに片手で渡す、腕時計に目をやる、挨拶ができないなど、小さなことですが、担当者はきっちり見ています。

サービス業ではないので、細かいマナーができないこと自体が問題になることはありませんが、マナーが悪いひとは「仕事中でも細かい事に気を配れないひと」という印象を与えてしまうので、採用する側としては躊躇してしまいます。

2.話に一貫性がない

受け答えがしっかりしているように見えても、話してる内容を見返してみると全然一貫性がないということがあります。

きれいな受け答えをしようとするあまりに、たいして考えもせずにその場しのぎでペラペラと話してしまうとこういうことになりがちです。

よくあるのが、転職理由と志望動機が一致しないケースです。転職理由が「専門性を追求したい」だったのに、志望動機が「幅広い業務に携わりたくて」では一貫性がありません。こういう場合は、表面的でその場しのぎで答える軽い人という評価がされてしまいます。

3.気持ちが先行して具体性がない

「患者さんと深く関わっていきたい」「理想的な看護像を追求したい」など、熱い思いをもって看護の仕事にのぞんでいるひとは非常に魅力的です。ぜひ採用したいところなのですが、熱い気持ちが先行しすぎて、具体性に乏しい人はなかなか評価しにくいのが実情です。

「患者さんと深く関わっていきたい」のであれば、どう関わっていきたいのか、これまでどんな関わり方をしてきたのかを具体的に話す必要がありますし、「理想的な看護像を追求したい」のであれば、その理想的な看護像とはどんなものなのかを話せるようにしなくてはなりません。

「とにかく頑張ります!」では気持ちだけのひとで終わってしまいますので、できるだけ具体的なエピソードを交えて分かりやすく説明するようにしましょう。

4.応募先の病院のことをよく知らない

採用する側としては看護師なら誰でも採用したいわけではなく、少しでも自分の病院に対して興味があり、志望意欲の強いひとを採用したいと思うものです。

そして、志望意欲の強いひとというのは、応募先の病院について興味をもって色々調べているものです。

しかし、病院のことをよく調べずに、求人原稿にかかれてあったことくらいしか知らないというひとは、質問への回答に具体性がなかったり、志望動機がどこの病院でも通用しそうな薄っぺらいものだったりします。

まだ勤務する前なので、詳しく知っている必要はありませんが、最低限、病院のパンフレットやホームページくらいはチェックしておくようにしましょう。

できることなら、病院に一度訪問し、設備や看護師の雰囲気を確認しておくと、話す内容にも深みがでて、他の応募者に差をつけることができます。

5.希望を伝えすぎる

看護師の転職は売り手市場であるということもあり、最近は自分の希望を一方的に伝えるひとが増えています。

「夜勤はしたくない」「休日や連休は確実にとりたい」「給料はこれくらいはほしい」など、自分の希望を単刀直入に伝えてしまうのはあまりいい印象を相手に与えません。新人の看護師が同じように自分の希望ばかりを伝えてきたら、「おいおい、なんだこの子は」と思ってしまうのと同じです。

「前職では夜勤の頻度が多く体力的にも辛いと感じることが多くありました。これからの長い看護師人生を考えると体力的な負担が大きくなることはできるだけ避けたいと考えています。ご無理を承知ではありますが、夜勤がない勤務形態にしていただくことは可能でしょうか。」

というように、 希望はできるだけオブラートに包み、相手に不快な印象を与えないように伝えるようにしましょう。希望に納得性があり、自分勝手でなければ、伝えること自体に問題はありません。要は言い方が大事ということです。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。