面接が通る看護師の5つの特徴

長らくキャリアコンサルタントをしていると面接で通りやすいひととそうでないひとの違いが分かるようになってきます。ここでは面接で通るひとの特徴についてご紹介します。

看護師のポイント

1.話が具体的で分かりやすい

面接官はあなたと話すのは初めてです。話が抽象的で分かりにくいと、どんなすばらしいことでも理解してもらうことができません。質問に答えるときは、できるだけ具体的になるように心がけます。

例えば強みを聞かれたときには、「私は〜が強みです。」で終わってしまわずに、「私は〜が強みです。例えば〜の病気の患者さんを受け持ったときに、〜ということを心がけた結果、〜という結果をえることができました。」と話したほうが、相手も理解しやすくなります。具体的なエピソードを加えることを意識するようにしましょう。

2.応募する病院のことをよく知っている

病院研究はつい手を抜いてしまいがちなので、意外と差がつきやすいポイントです。パンフレットやHPくらいは誰でもチェックするかもしれませんが、実際に病院の設備や様子を見に行くひとはあまり多くありません。

病院のことをしっかりしった上で話す志望動機や自己PRはやはり深みがありますし、担当者の心にも刺さりやすくなります。質問への受け答えの中で、自分が病院を訪問して感じた病院のいい部分をさりげなく語れれば完璧です。

こういうひとは「研究熱心で、志望意欲が強いひと」という印象を与えることができるで、担当者の評価も高くなります。

3.質問の意図を汲み取れる

看護の現場では患者さんから質問されることも多いはずです。こうしたときに患者さんの質問に額面通りに答えるだけの看護師と、患者さんが質問した意図を汲み取って的確な答え方ができる看護師では提供できる看護の質が大きく異なります。

面接の場面では、質問の意図を汲み取って、面接官が分かりやすいように的確な回答ができるひとというのは、看護の現場でも的確な看護ができる資質をもっていると評価されます。

例えば、「興味のある分野はなんですか?」と質問されて、興味のある分野をそのまま答えて終わだけのひととは質問の意図を十分に汲み取れていません。

なぜその分野に興味をもち、それに対してどんな取り組みをして、応募先の病院でどう関わっていきたいかまで答えられるひとは質問の意図を汲み取れているひとです。

この質問で面接官が知りたいのは「興味のある分野」ではなく、「どんなことに興味をもって仕事に取り組んでいるひとなのか」だからです。

面接官は必ずしも質問の仕方が上手ではないこともありますので、どうしてその質問をしたのかを自分なりに考えて、的確に答えれるようにしましょう。

4.精神的に強そうなひと

過酷な医療の現場で働く、看護師の仕事は辛い事や大変なことがたくさんあります。そうした状況に負けず、厳しい状況に打ち勝てるような精神的に強い看護師はどこの病院でも評価は高くなります。逆境を乗り越えてきた経験があるひとはそれを積極的に伝えるようにしましょう。

また、受け答えには自信をもって答えることも大事です。自信なさげに弱々しく受け答えをしていると、弱さを感じさせてしまい、採用する側は不安になってしまいます。自分が経験してきたこと、考えていることに自信をもって力強く語るようにしましょう。

5.一生懸命な人柄

大学や専門学校勉強し、国家試験に合格し、看護師としてある一定の経験を積んでいれば、経験や経歴がネックになることはありません。少なくとも書類選考を通過しているのですから、面接で差がつくのは人柄や性格、人間性です。

「一緒に働きたい」と思ってもらえるような誠実で一生懸命な人柄のひとは、どこの病院でも人気があります。誰にでも頑張ってきたこと、これから目標にしていることがあるはずです。言葉がたどたどしくなっても、それを面接官の目を見ながら精一杯伝える姿勢をみせましょう。そうすれば必ずあなたの一生懸命さを面接官が感じ取ってくれるはずです。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。