病院の面接で看護師がよく聞かれる質問への回答例

面接中の女性

「退職に至った理由はなんですか?」

これは必ず聞かれる質問です。採用する側としては短期間で辞めてしまわれては困りますので、次の仕事でも同じ理由で転職してしまわないかどうかを確認します。

ここで病院や師長への不満を理由にしてしまうと、「どうしてそれは解決できなかったんですか?」「うちでも同じことが起こったらどうしますか?」などと突っ込まれてしまいます。

転職理由はあくまで前向きで、相手が納得せざるをえないものになるようにしましょう。「給料が低い」「人間関係がうまくいかない」「残業時間が長い」などはできるだけ避けた方が無難です。

回答例
「現在の病院では救急外来で勤務していますが、御院のように救急医療の最先端ともいえる病院ではないため、身につけることのできる技術や知識、経験は十分ではないと感じています。より救急医療の第一線で救急医療に関わり、救急看護の専門性を高めていきたいと思い、転職を決意しました。」

「なぜ、当院で働きたいのですか」

この質問で聞きたいのは志望動機です。履歴書に書いた志望動機を話せばいいだけなのですが、そのまま丸暗記で読み上げてしまうと、「ちょっと嘘くさいな。本音じゃないかもしれない。」と思われてしまいますので、多少アレンジをしたほうがいいでしょう。

回答の仕方としては、「これまでの経験を活かせるから」「キャリアアップのために魅力的な職場だから」という2パターンのどちらかになりますが、できれば、両方の内容を交えて回答するのが理想的です。

回答例
「小児病棟の看護師として○年間勤務してきました。小児科だけでなく、他の診療科の子どものケアや診療補助など、病院横断で小児看護に関わるように心がけてまいりました。御院は小児の分野で県内でも有数の病院であり、この経験を活かしながらも、さらに小児看護の専門性を高めていけるのではないかと考え、志望させて頂きました。」

「インシデントの経験はありますか?」

ここではインシデントを起こしたか否かは重要ではありません。インシデントを起こした後、どういう対応をして、そこから何を学んだのかを知りたいのです。

回答するときにはただインシデントの内容を話すだけでなく、医療事故やヒヤリハットを予防するために何をしているかもあわせて答えられるようにしましょう。

回答例
「インシデントの経験はあります。外見の似ている薬を間違って配役し、服薬の直前で他の看護師が気付き、事なきを得るということがありました。外見だけで判断し、薬剤名をきちんと確認しなかったことが原因でした。この件はインシデントレポートとして共有しました。同じミスをしないように、些細なことでも確認する習慣をつけるように心がけています。」

「なぜ、看護師を目指そうと思いましたか?」

看護師としての原点をたずねる質問です。あなたのパーソナリティを知るために聞いています。この質問から、あなたの性格や人柄を知りたいという意図があります。

ここではかっこいい答え方をする必要はありません。無理して「医療の発展に寄与したいと思い」などと言っても、「本当かな?」と思われるだけで、プラス評価にはなりません。

「ドラマがきっかけで」「まんがの主人公がかっこよく見えて」などでも大丈夫です。本当のきっかけを素直に話しましょう。

回答例
「医療系のドラマで看護師がかっこいいなと思ったことがきっかけです。患者さんからも、医師からも頼りにされている姿をみて、私もこんな看護師になりたいなと思いました。実際に看護師になってみて、患者さんや医師から信頼を得るのは簡単じゃないと感じていますが、少しずつでも理想に近づけるように頑張っていきたいと考えてます。」

「入職が可能な時期はいつですか?」

これは単純にいつから入社できるのかを知りたいだけです。評価が上がることを狙って「いつからでも大丈夫です」と答える必要はないので、本当にいつから入職できるのかを伝えましょう。離職中のひとはそれをはっきり伝えます。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。