看護師が面接で気をつけるべき10の基本マナー

面接でもまずはマナーが大切です。自分を知ってもらう前にマナーで悪印象を与えてしまったら、何を話してもマイナス評価をになってしまう可能性大。分かっていることでも改めてチェックしておきましょう。

お辞儀する女性

1.遅刻しそうなときは事前に電話する

社会人としては当たり前のことではありますが、ちょっとくらいなら大丈夫だろうと油断をしてしまいがちです。面接官も少ない時間を割いてくれているので、1分でも遅刻しそうなときは必ず連絡しましょう。

ちなみにキャリアコンサルタントとしての経験上、どんな正当な理由があったとしても遅刻すると選考で明らかに不利になります。時間には余裕をもって「遅刻は絶対タブー」という気持ちでのぞみます。

2.身だしなみはきちんと整える

医療従事者にとって清潔感は非常に大事です。特に髪型は見た目の印象に影響を与えやすく、ぼさぼさの髪や明るすぎる茶髪、前髪が目にかかっている、後ろ髪がまとまっていないなどはマイナス評価になります。化粧も薄め、服装もきちっとブラウスやシャツにジャケット着用で行きましょう。カバンも黒色のオーソドックスなものが無難です。

3.携帯電話の電源はオフにする

マナーモードであってもバイブレーションが鳴るだけで相手は気になります。百害あって一利なしなので、基本的には携帯電話の電源はオフにしておきます。

4.入室前も礼儀正しく

ありのままの姿を確認するために、面接会場に入る前からチェックされていることがあります。 受付の事務員さんに対しても礼儀正しく挨拶をすることはもちろんのこと、待っている間も姿勢正しくして待ちましょう。携帯やスマホをいじるのはダメです。

5.ドアを3回ノックしてから入る

面接会場の入り口にドアがある場合は3回ノックをして、「どうぞ」と声がかかったら、「失礼します」と言ってドアを開けて入ります。後ろ手でドアを閉めるのはマナー違反なので注意しましょう。

6.面接官が入室したら立って挨拶する

面接官が先に待っているケースもありますが、受付に案内されて自分が面接官を待つという場合もあります。そのときは、面接官が入室したときは立って挨拶するようにしましょう。

7.履歴書は両手で渡す

事前に履歴書を送付していないときは面接会場で手渡すことになりますが、片手ではなく、両手でしっかりと渡します。クリアケースに入れているときは当然それを外します。履歴書の向きにも注意しましょう。

8.腕時計に目をやらない

何気なく腕時計に目をやる仕草は相手に不快感を与えます。特に面接では担当者がわざわざ時間を確保してくれているわけですから、時間を気にしていると思われれば印象は悪くなります。ちょっとしたことですが注意が必要です。

9.質問するときは端的に聞く

面接で質問することは意欲をアピールできるのでおすすめですが、あまり長々と質問するのはやめましょう。要領をえない質問はかえって評価を下げる一因になってしまうので、あくまで端的に分かりやすく質問します。

10.きちんと挨拶をする

最後の挨拶も大事です。「本日は面接のお時間を頂きありがとうございました。」とお礼を言うようにしましょう。挨拶ができるひとはどこに言ってもいい印象を与えます。

10月は好条件の求人が充実!

8〜10月は多くの病院や施設で求人の募集をかけるので、好条件の人気病院の求人が数多く集まります。8月から募集している病院は募集を締め切ってしまうところも出てきてるので、年内に転職するなら10月はラストチャンス!

オススメの求人サイトは看護師に人気の求人サイトの口コミランキングをどうぞ。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。