看護師の職務経歴書作成の手順

医療機関では職務経歴書の提出が必要になることはほとんどありません。ただ、一般企業に応募する場合は必須になりますし、企業立病院などでも必要になることがあります。その場合は、応募者の経歴を詳しくチェックするという意図があるので、その期待に応えられるような分かりやすい職務経歴書を目指しましょう。

1.自分の情報を整理する

まずはこれまでの仕事経験を棚卸しするところから始まります。ポイントは7点です。

  1. どんな医療機関で働いてきたか。
    →法人名、勤務期間、診療科目、病床数、職員数
  2. どんな業務を担当してきたか
    →診療科、病棟、役割、仕事内容、勤務形態などを書き出します
  3. マネジメント経験
    →看護部長や看護師長、プリセプター、リーダーなどの経験があれば書きます。
  4. 社内表彰
    →表彰を受けたことがあれば、どんな些細なものでも書きます。
  5. 強みやアピールしたい経験
    →自己PRで書く内容を整理します。自己PRでは応募先の病院で求められていることを考え、自分の経験やスキルをアピールします。まだ、整理できてないときはこちらのページを参考に。

  6. 志望動機
    →応募先の企業が決まっていれば、志望動機を用意します。具体的な書き方はこちらから。

2.形式を選ぶ

職務経歴書の書き方には大きく分けて「時系列形式」「キャリア形式」の2種類があります。基本的には「時系列形式」で問題ありませんが、経験してきた業務が多いときには「キャリア形式」のほうがよいでしょう。

■時系列形式
最も一般的な書き方で、文字通り時系列に職務を並べて書く形式です。古いものから順に書きます。経験してきた業務や成果を中心に書きます。最近の経験ほど詳しく書きます。

■キャリア形式
時系列ではなく職務内容ごとにまとめて書く形式です。同じ職務経験であれば職場や診療科などが違っていてもまとめて書くことが可能です。例えば、新卒で外来を経験し、病棟に異動し、再び外来に戻ったときなどは、外来は外来、病棟は病棟の経験としてまとめて書きます。

3.実際に作成する

職務経歴書はパソコンのWordなどを使用して作成するのが一般的です。主な注意点は下記の通りです。

  • 1〜2枚にコンパクトにまとめる
  • 職務経歴は文章ではなく箇条書きで書く
  • 行頭や行末はそろえる
  • 文字サイズは10.5程度で作成する
  • 特別な理由がないかぎりアルバイト経験は書かない
  • 専門用語は一般的なものを使う

4.全体のチェックをする

プリントアウトしたものをじっくり読んで、誤字・脱字や違和感のある部分がないかを確認します。経歴の年月や経験年数は間違えやすいところなので十分に注意します。自分では分かりやすいものでも、他人が読むと分かりにくいこともあります。できれば自分以外のひとにもチェックしてもらいましょう。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。