嫌われる原因はこれかも 患者さんと話すときに注意したい視線と表情

特に悪いことを言っているわけでもないのに、患者さんから嫌われてしまうことってあると思います。単なる好みの場合もありますが、実は視線や表情で嫌われてしまっていることもあります。ここでは患者さんと話すときに注意したい視線や表情のポイントをご紹介します。

笑顔の看護師

視線や表情は言葉以上に気持ちを伝える

「ひとは見た目が9割」といわれるように、ひとは見た目の印象に左右されやすいものです。会話のときに相手に不快感を与えるような、視線や表情をしていれば、会話の内容に関わらず、あまりいい印象はもたれません。

例えば、話すときには視線を合わせるのが基本だといっても、ずっと見つめ続ければ攻撃的な印象を与え、相手に居心地の悪い思いをさせてしまいます。

また、笑顔が大事といっても、まゆを寄せて笑ったり、口の片側だけで笑ったりすると、かえって不快な印象を与えることもあります。

ちょっとしたことなのですが、そのちょっとしたことで、相手に不快な印象を与えている可能性があるので、注意するようにします。

注意したい視線や表情

■視線を合わせない
無視されているように感じます。視線は必ず相手に向かうようにしましょう。
■目を見つめ続ける
攻撃的な印象を与えます。正面から見つめるのではなく、まゆからのどの間あたりを全体的に見つめるようにしましょう。
■口の片側だけで笑う
片側の口角だけを上げる笑う方は、見下されたような印象を与えます。不快であるのは間違いないので、注意します。
■まゆを寄せる
無意識にやってしまうひとが多いのですが、これも相手に不快感や怒りを与えます。注意しましょう。
■口角を下げる
左右の口角を下げた表情は、不信感や悲しみの感情を相手に与えます。センシティブな患者さんに対しては特に注意します。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。