特別養護老人ホームで働く看護師の役割と仕事内容を解説

在宅看護をするナース

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホーム(特養)は社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設で、介護老人福祉施設とも呼ばれます。

対象者は65歳以上で要介護1~5の認定を受け、身体・精神上の障害のため常に介護が必要で、家での介護が困難な人になります。寝たきりや認知症のひとが多く入居しています。

民間企業が運営する老人ホームよりも入居費用が安いため、入居待ちのひとが非常に多く、全国の入居待機者数は約40万人とも言われています。申し込みをしても、入居までに数年間待たなければならないのが実情です。

似たような施設に介護老人保健施設(老健=ろうけん)がありますが、 老健は施設を出て自宅で生活できることを目標にして援助するのに対し、特養が終身に渡って援助しるという違いがあります。

特養の看護師の仕事内容

病院勤務の看護師なら点滴など医療行為をする機会は多くありますが、特養で働く看護師の場合、医療行為を行うことはあまり多くありません。

利用者の健康管理が中心となり、バイタルチェック、じょくそうケア、服薬管理、口腔ケアなどを行います。容態が急変した場合医師への連絡や病院への付き添いなどもしますし、食事や入浴、トイレの介助などのような介護業務もあります。

特養は基本的に24時間体制で運営されていますので、夜勤やオンコールで呼び出しもありますが、病院と比較すれば頻度はあまり多くありません。残業時間もなく定時で帰れることがほとんどです。

看護師の役割は大きい

病院とは異なり、特養では看護師の割合は非常に低いので、一人一人の看護師の役割は大きいです。介護職のスタッフは基本的に医療行為をできませんので、医療行為が必要になった場合には看護師が、自立して判断をしなければなりません。

判断が難しければ嘱託医師に連絡し、指示を仰ぐことになりますが、そのときに利用者の状態を把握して、的確に情報を伝えるのは看護師の仕事です。

そういう場面は必ずしも多くはありませんが、必要が生じたときには看護師の役割は大きいです。看護師は特養のスタッフにとっても利用者にとってもなくてはならない存在なのです。

特養で仕事をする魅力とメリット

・利用者とじっくり向き合える
・日勤のみで土日に休みをとりやすい
・職場環境がゆったりしている

特別養護老人ホーム(特養)は「治療する場」ではなく、「生活する場」であり、利用者が亡くなるまで終身に渡って支援をします。

病院では入院期間が短縮化の傾向にあり、一人一人と向き合うことは難しいですが、特養では時間をかけてじっくり向き合い、利用者に合わせた看護を提供することができます。

また、特養では基本的に夜勤は介護職員のみで、看護師が対応しなければならない仕事はありません。利用者さんの具合が悪くなったり、転倒したときには緊急で呼び出されることはありますが、頻度は病院よりもはるかに少ないです。

残業が少なく休日も比較的とりやすいので、プライベートの時間をしっかり確保したい看護師には理想的な環境です。

職場の雰囲気もゆったりとしており、病院のような慌ただしい雰囲気はありません。医療行為も必要最低限ですので、長らく看護の現場から離れている看護師や経験の浅い看護師でも勤務することができます。

特養で仕事をする悩みとデメリット

・看護師としての知識やスキルが身に付かない
・仕事内容に物足りなさを感じてしまう
・介護士との連携が難しい

特養では病院では日常的に行っている点滴や注射などの医療行為をする場面はあまり多くありません。看護というよりは介護に関わる業務が多くなるので、介護のスキルが身に付く一方で、看護師としての知識や技術はあまり身に付きません。

また、特養では職場が比較的ゆったりとしているので、病院での勤務に戻ったときにスピード感や忙しさについていけなくなりがちです。一度、特養の仕事に慣れてしまったら、病院には戻るときには苦労するということはデメリットです。

もう一つのデメリットとしては介護職との連携が難しいという点です。特養だけでなく、介護施設における介護士と看護師の仕事の境界線は非常に曖昧で、看護師が介護業務をしたり、看護師が医療行為をするという実態があります。

お互いの仕事の範囲や役割が原因でもめることはよくあることで、看護師から見れば「医療の専門教育を受けていない看護師が口出ししないでほしい」となりますし、介護士から見れば「介護が専門じゃない看護師が介護に口出ししないでほしい」となります。

上手に連携している施設もたくさんありますが、どんな施設でも多かれ少なかれ介護士との連携には苦労するというのは頭の片隅に入れておいたほうがよいでしょう。

特別養護老人ホームで転職を考えている方へ

特別養護老人ホームは職場によって給料や仕事のハードさ、人間関係などが全然違います。長く安心して働くためには、入職する前にしっかりと吟味して本当に働きやすい職場を見つけることが大事です。

そのためには転職サイトに登録し、プロのキャリアコンサルタントに相談しながら進めることが欠かせません。看護rooは好条件の求人が多く、キャリアコンサルタントの評判もよく、何より当サイトの利用者の口コミ評価が高くなっているので、転職を考えているならまずは会員登録して相談するのがおすすめです。もちろん完全無料です。

»看護roo!の公式サイト

9月は好条件の求人が充実!

9月は多くの病院や施設で求人の募集をかけるので、好条件の人気病院の求人が数多く集まります。好条件の求人はどんどん決まってしまうので、少しでも転職を考えている人は今から動くようにしましょう。

オススメの求人サイトは看護師に人気の求人サイトの口コミランキングをどうぞ。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。