緩和ケア病棟で勤務する看護師のメリットとデメリット

老人と看護師

メリット

・チームワークを活かして働ける
・比較的ゆったりと勤務できる
・患者と深く関わることができる

緩和ケア病棟では痛みやストレスに対するケアが中心となりますが、そこには医師や看護師、薬剤師、心理カウンセラーなどの職種がチームになって動きます。チームワークが大事な分野になるので、チームで協力して仕事をしていきたい看護師にはメリットになります。

また、緩和ケア病棟は救急外来や手術室と比較しても、時間の流れがゆったりとしています。てきぱきと要領よく動くことが求められる現場が苦手・不向きだと感じている看護師には働きやすい現場となりますので、一つのメリットになります。

また、緩和ケア病棟の患者さんは「これ以上の治癒が臨めない」ひとが対象になりますので、生とはなにか、尊厳ある死とはなにか、ということを考えながら、患者さんとじっくり向き合うことができます。患者さんに深く関わることができるのも緩和ケアならではメリットです。

デメリット

・患者やその家族との関わり方に悩みやすい
・精神的なプレッシャーが大きい

患者と深く関わることができるのが緩和ケア病棟で働くメリットではありますが、その分、患者やその家族とどう関わっていけばよいのかを悩んでしまう看護師は多くいます。

終末期を迎える患者さんとどう向き合うべきか、自分に何ができるのか、家族の喪失感にどう対応すべきか。看護師が抱える悩みは非常に幅広く、奥が深いものです。

経験や知識を積み重ねることで、それらを乗り越えることができるようになりますが、若い看護師や、緩和ケア病棟での経験が少ない看護師はどうしてもそこで悩み苦しんでしまいます。

緩和ケア病棟で勤務するためには精神的なタフさが求められると同時に、「生命」や「死」に対して真っ正面から向き合えることが必要です。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。