療養型病床の看護師の役割と仕事内容は?

フィジカルアセスメントをするナース

療養型病床とは

療養型病床は医療処置が必要が少なく、比較的安定している患者が入院するところです。一般的な急性期病院とは異なり、積極的な治療が必要な状態ではない患者のため、看護師の定数が少ないことが特徴です。

療養型病床には医療療養型病床と介護療養型病床の2つがあります。

①医療療養型病床:慢性期の状態にあって入院医療を必要とする患者に対するサービスを医療保険で提供する病床
②介護療養型病床:要介護認定された患者に対するサービスを介護保険で提供する病床

介護療養型病床は2018年3月までに廃止になる予定です。介護療養型病床の患者は医療療養病床や介護施設へ移るか、在宅看護サービスを利用して自宅へ帰ることになります。

看護師の役割と仕事内容

療養型病床での看護師の役割は、入所した人が安全に生活できるように、医療の専門職としてリハビリテーションや介護職の人々とチームを組み、生活を守ることです。

具体的な仕事は医療処置や全身状態の観察、合併症の予防、感染対策、リハビリテーション、緩和ケアなどになります。

一般病床と大きな違いはありませんが、病状が安定している患者さんが多いので、医師の補助的な仕事よりも、介護に関わる仕事の割合が多くなります。

また、療養型病床では一般病床よりも患者さん当たりの看護師の人数が少ないので、看護師が受け持つ患者の数は多くなりますが、必要な医療処置は少ないので、比較的ゆったりと勤務することができるというメリットがあります。

»療養型病床で仕事をする看護師のメリットとデメリットとは

そのため、育児をする看護師やブランクが長い看護師には人気の転職先となっています。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。