産業看護師のとして働くメリット・デメリットにはどんなものがあるか

産業看護師

メリット

・残業が少ない
・日勤のみで土日休み
・GWやお盆、年末年始などの大型連休に休みがとれる

産業看護師で勤務するメリットは夜勤無しで日勤のみ、完全週休2日制、福利厚生などのような、病院勤務の看護師では得ることのできなかった勤務環境が当たり前のように保障されているという点です。

病院勤務だとシフト制になり、休日でも出勤しなければいけなかったり、大型連休にも連続した休みをとることは難しいものですが、一般企業であればほとんどカレンダー通りに休みをとることができます。プライベートの時間がきっちりと確保できるのは大きなメリットでしょう。

また、看護師を雇用する企業というのは大企業がほとんどなので、安定した給与と手厚い福利厚生があるのも魅力です。年収は仕事内容によって大きく異なるので、一概にはいえませんが、病院よりも高い給与がもらえる場合も多くあります。

デメリット

・健康診断の時期は残業が多い
・看護スキルを磨く事ができない
・看護師の同僚がいないこともある

産業看護師として勤務するデメリットは、健康診断の時期になると突然仕事がハードになるという点です。

自分がやらなければいけない仕事の量そのものが多くなりますし、遅くまで残っていなくてはいけない仕事もあります。定時で帰れることは少なく、毎日のように残業という日々になります。

また、日々の仕事は医療行為よりも従業員の健康相談が中心になるので、実践的な看護のスキルも落ちます。企業によっては看護師は自分だけということも少なくないので、先輩看護師から学んだり、分からないことを相談したりということもできなくなります。

最新の治療方法や薬に関する情報からも遠ざかるので、産業看護師で数年間勤務した後に病院に戻ると、不足する知識を補う事に苦労するひとも多いようです。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。