治験コーディネーター(CRC)として働く看護師のメリット・デメリットとは

笑顔の看護師

メリット

・残業が少なく、日勤のみで土日休み
・GWやお盆、年末年始などの大型連休に休みがとれる
・ビジネススキルが身に付く
・患者さんと接する機会が多い

治験コーディネーターで勤務するメリットは夜勤無しで日勤のみ、完全週休2日制、福利厚生などのような、病院勤務の看護師では得ることのできなかった勤務環境が当たり前のように保障されているという点です。

病院勤務だとシフト制になり、休日でも出勤しなければいけなかったり、大型連休にも連続した休みをとることは難しいものですが、一般企業であればほとんどカレンダー通りに休みをとることができます。

プライベートの時間がきっちりと確保できるのは大きなメリットでしょう。

また、ビジネスマナーやビジネススキルが身に付くというのもメリットの一つです。病院勤務だと外部の企業と接する機会は少ないですが、治験コーディネーターは製薬会社をはじめとする一般企業と日々接することになります。

必然的にビジネスマナーが身に付きますし、パソコンを使う機会も多いので、オフィスで必要になるビジネススキルも身に付きます。病院勤務だと身に付かないようなスキルが身に付くのは治験コーディネーターのメリットです。

看護師が一般企業で勤務するときの悩みどころは、「患者さんと接する機会が少なくなる」ことですが、治験コーディネーターは日々被験者の患者さんと接する機会があるので、その心配もいりません。

治験の終了後は「薬が効いた」「治験に参加してよかった」「あなたがいてくれてよかった」と感謝されることも多く、病院勤務のときのようなやりがいをもって仕事をすることができます。

デメリット

・病院勤務よりも給与は少なめ
・プロジェクトによっては勤務地が遠くなったり勤務時間がずれたりする
・事務作業が多くなる
・看護スキルを磨く事ができない

治験コーディネーターの基本給は病院勤務の看護師と変わりませんが、夜勤や残業が減るぶんだけ受け取る給与は少なめになります。前職で夜勤や残業が多かった看護師ほど、その減り幅も大きくなります。年収が80〜100万近く下がるひとも珍しくありません。

治験コーディネーターの仕事はプロジェクト単位で動きますが、プロジェクトによっては勤務先が遠くなったり、勤務時間が早まったり遅くなったりすることがあります。場合によっては通勤に1時間半以上かかるプロジェクトもあります。

治験コーディネーターは幅広い業務を担当することになりますが、仕事の大半は事務作業です。スケジュールの調整や治験データの入力、報告書の作成など、パソコンを使ったデスクワークが多くなります。

一日中イスに座って仕事するような日もあるので、デスクワークが苦手、パソコンが苦手というひとにとっては辛いかもしれません。

治験コーディネーターは原則、診療の補助(医療行為)をすることはありません。採血やドレナージ、褥創処置はもちろんのことバイタル測定も行いません。看護師としてのスキルは確実に落ちます。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。