クリニックで勤務する看護師の仕事内容と役割

笑顔のナース

看護師の仕事内容

外来診療が中心のクリニックでは診療介助が主な役割になります。

具体的な仕事内容としては、問診、バイタル測定、採血、点滴処置、検査説明などになります。クリニックによっては心電図の測定やレントゲン画像の現像なども行います。

その他にも医療器具の洗浄や消毒、タオルや衣類の洗濯、クリニック内の掃除、診療ベッドの準備、備品の発注などの雑務も看護師が行います。受付がいないクリニックでは看護師が受付や会計、電話応対をすることもあります。

病院で勤務する看護師からみるとクリニックの仕事は楽だというイメージが強いのですが、実際は看護師が行わなければならない業務は多く、てきぱきと動かないと仕事が終わらないなんてこともあります。

愛想のよさも仕事のうち

クリニックは地域密着で、地元の住民から愛されることが大切です。医師の腕もさることながら、看護師の気持ちのいいコミュニケーションは欠かすことができません。

無愛想な看護師や気の利かない看護師がいようものなら、クリニックの評判が悪くなり、「あそこのクリニックの看護師はイマイチだから行かない方がいいよ」となってしまいます。

クリニックの数は年々増加しており、それこそ患者にとってはいくらでも選べる状況です。看護師のコミュニケーションの取り方ひとつで、クリニックの運命が決まってしまうのですから、気を抜けません。

「コミュニケーション能力がなくても看護技術があれば大丈夫」というのはクリニックでは通用しません。クリニックでは患者と笑顔で気持ちよく接することも仕事のうちなのです。

クリニックの勤務形態

勤務は基本的に診療の時間帯です。細かい時間はクリニックによって異なりますが、午前診療が9時から12時、午後診療は16時から19時ということが多いです。

フルタイムの看護師は午前診療が終わったら、午後診療までの間の時間に昼食をとり、午後診療が始まる時間まで休憩します。少し早めに出勤して掃除や洗濯などの雑務を行う場合もあります。

パートタイムの看護師はどちらか一方、午前診療のみ、あるいは午後診療のみ出勤することになります。

休日はクリニックの休診日になります。週1か週2のことが多いです。休日はほぼ間違いなくとれますが、看護師の数が少ないので、診療日に休みをとるのは難しい場合が多く、大型連休以外では連休はとれないと思った方がいいでしょう。

どうしても休みが必要なときは医師や他の看護師と相談しながら申請する必要があります。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。