クリニックで勤務する看護師にはどんなメリットとデメリットがある?

笑顔の看護師

メリット

・規則的に勤務することができる
・残業や夜勤がない
・アットホームでのんびり働ける

クリニックでの勤務は基本的に診療の時間帯です。午前診療が終わったら、午後診療までの間の時間に昼食をとり、午後診療が始まる時間まで休憩し、午後診療の時間になったら仕事に戻り、診療時間が終わったら帰宅です。

ほとんどのクリニックが外来診療のみですので、夜勤はありませんし、残業もほとんどありません。

このような規則的でイレギュラーの少ない勤務ができるのがクリニックで勤務する一番のメリットです。 結婚後や出産後に昼間のみで規則的な生活を求めている看護師から人気が高いのもそれが理由です。

また、アットホームでのんびり働けるのもメリットの一つです。スタッフの人数が少ない分だけ、みんなで頑張ろうという意識が強く、人間関係の構築に苦労するということはあまりありません。患者さんも顔なじみのひとが多く、患者さんに会えば、気軽に会話できます。

病院とは異なり一刻を争うような患者さんもめったにいないので、患者さんが集中する時期でなければ、比較的のんびりと働くことができます。

デメリット

・看護業務以外の雑務が多い
・看護スキルが身に付かない
・収入は病院よりも低くなる

クリニックでは医療器具の洗浄や消毒、タオルや衣類の洗濯、クリニック内の掃除、診療ベッドの準備、備品の発注などの業務は看護師が行います。受付がいないクリニックでは看護師が受付や会計、電話応対をすることもあります。

看護業務だけでなく、雑務もやらなくてはならないのはクリニックで勤務するデメリットです。

また、クリニックに訪れる患者さんはかぜや腹痛のような一般的な病気がほとんどなので、病院のように高度な看護スキルや知識は必要ありません。看護師としての専門性を身につけたいひとやスキルアップを目指す看護師にはデメリットになります。

クリニックの看護師に高いスキルが必要ないということは、基本給も病院よりも低めになります。外来診療が中心なので、残業手当てや夜勤手当てもありません。一部のクリニックを除いて、収入が低くなる可能性はかなり高いと思った方がいいでしょう。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。