訪問看護ステーションの看護師の仕事と役割を解説

在宅看護をするナース

訪問看護ステーションの看護師の役割

訪問看護ステーションは自宅で療養する患者や家族に対して訪問看護を行う目的で運営される事業所のことです。訪問看護師の他、保健師、助産師、理学療法士など様々な職種のひとが所属しています。

そこで勤務する訪問看護師は、利用者が自宅でも安心して療養生活を送れるように支援することが役割です。利用者が望むこと、そのひとらしく生活ができるようにすることを何よりも大切にします。患者さんの家族の精神的な支えになることもあります。

病院と異なるのは利用者や家族に対して、教育的に関わる点です。利用者や家族が自分たちで処置や介護ができるようにします。

訪問看護ステーションの看護師の仕事

■療養上のお世話:身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
■医師の指示による医療処置:かかりつけ医の指示に基づく医療処置
■病状の観察:病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
■医療機器の管理:在宅酸素、人工呼吸器などの管理
■ターミナルケア:がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切な支援
■床ずれの予防・処置:床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
■リハビリテーション:拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
■認知症ケア:事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
■家族への介護支援・相談:介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応
■介護予防:低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

一人一人の訪問看護師が自分で判断する

利用者の自宅には基本的に看護師が一人で訪問するため、その場その場で自分で判断する場面が多くなります。利用者はなにを求めているのか、それに対してどう対応すべきなのかを看護師それぞれが判断するのです。

そのためには、利用者のことを詳しく知っておかなければなりませんので、 看護師同士でも毎日申し送りを行い、すべての看護師が患者さんのことを把握できている状況を作ります。どうしても判断に迷うときには主治医や管理者に相談することもあります。

多職種で連携することが大事な仕事

訪問看護ステーションの存在意義は患者さんの療養生活を支え、患者さんそれぞれが望んでいる「自分らしい生活」をおくってもらうことにあります。そのためには様々な職種がお互いにコミュニケーションをとりながら、密に連携をとることが大事です。

例えば、発熱があるときは主治医に連絡して指示をあおぎます。起き上がりが不自由となり、日常生活に支障があれば、ケアマネージャーに連絡して福祉用具を手配します。入院中であれば、在宅療養に向けて退院の調整をします。

このように多種多様な環境や状態にある利用者を支えるためには、多職種で連携することが大事になるのです。その中でも看護師は調整役として重要な役割を担っています。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。