訪問看護ステーションで看護師が勤務するメリットとデメリットを紹介

老人と看護師

訪問看護ステーションで看護師が勤務するメリット

・看護師として自立した働き方ができる
・平日の日勤のみで、土日は休みのことが多い
・病院よりも給料が高い

訪問看護ステーションでは訪問先には基本的に看護師一人で行くことになるので、その場その場で自分で判断する必要があります。 利用者はなにを求めているのか、それに対してどう対応すべきなのかを看護師それぞれが判断するのです。

病院で勤務していたときには、自分は数多くいる看護師の中の一人に過ぎなかったかもしれませんが、訪問看護師は現場に一人しかいない、利用者にとって唯一の看護師です。

また、訪問看護ステーションにおける看護師は利用者の看護だけでなく、病院との調整や他の職種と連携するときのコーディネーターとしての役割もあります。言われたことをするだけではなく、自らが主体となって仕事をする事ができます。

責任は大きいですし、プレッシャーもありますが、多くの訪問看護師はそれをやりがいだと感じています。病院では味わえないような自立した働き方ができるのが、訪問看護ステーションで働く一番のメリットです。

また、訪問看護ステーションの看護師は業務範囲が広いことや、看護師の数自体が不足していることもあり、給料は病院よりも高めに設定されているところが多くあります。それでいて、平日の日勤のみの勤務がほとんどで、残業は少なく、土日は安定して休みをとることができます。

子育てや家事などと両立して働きたい看護師にはメリットの多い職場だといえます。

訪問看護ステーションで看護師が勤務するデメリット

在宅看護をするナース

・訪問先の患者や家族との関わり方が難しい
・夜間のオンコールや休日対応がある
・事務作業が多い

訪問看護ステーションでは一人一人の看護師が患者や家族と密に関わることになります。それはやりがいでもあるのですが、一方で関わり方が難しいと感じることもあります。

利用者の中には素直に感情を表現しないひともいますし、怒りっぽいひともいます。前任の看護師と比較して文句を言われるということもあります。

また、夜間のオンコールや休日対応が必要になることもあります。どこの訪問看護ステーションでも看護師の人数は十分ではないので、自分が対応しなければならない場面というのは多くなります。

他には病院とは異なる訪問看護ステーション独特のデメリットとしては、看護記録や業務日報など、パソコンで行う事務作業が多いという点があります。

病院では看護師がパソコンを使う場面というのはあまり多くないと思いますが、訪問看護ステーションでは頻繁にパソコンを使います。それが苦手だというひとは慣れるまでは苦痛に感じるかもしれません。

訪問看護ステーションは選んだ方がいい

以上のように、訪問看護ステーションにはメリットデメリットがありますが、細かな仕事内容や職場環境は勤務先によって異なります。訪問看護ステーションへの転職を考えているひとは、どんな何を重視するかをはっきりとさせて、それが実現できるところへ転職するようにします。

例えば、日勤のみで土日休みで働きたいと考えているのであれば、利用者に対する訪問看護師の人数やその他のスタッフの数が十分確保されているかどうか、担当性なのか交代制なのか、平均的な訪問件数はどれくらいかなど、必要な情報を入手してしっかりと確認するようにしましょう。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。