介護老人保健施設(ろうけん)の仕事と役割を解説

話しかける看護師

介護老人保健施設(ろうけん)とは

介護老人保健施設(ろうけん)とは介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために支援する施設のことです。

看護・介護といったケアだけでなく、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供します。24時間365日運営しているのが特徴です。

似たような施設に特別養護老人ホームがありますが、特別養護老人ホームは基本的には終身に渡って援助することが目的となるのに対し、老健は施設から自宅に戻っても自立的に生活できるように支援することが目的になります。

老健では介護保険が適用されるひとのうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5のひとが対象となり、医師や看護師、理学療法士、 作業療法士、 管理栄養士、支援相談員、ケアマネージャーなどの多くの職種のスタッフが連携してケアをします。

老健の看護師の仕事内容

病院勤務の看護師なら点滴など医療行為をする機会は多くありますが、老健で働く看護師の場合、医療行為を行うことはあまり多くありません。

利用者の健康管理が中心となり、バイタルチェック、じょくそうケア、服薬管理、口腔ケアなどを行います。容態が急変した場合医師への連絡や病院への付き添いなどもしますし、食事や入浴、トイレの介助などのような介護業務もあります。

介護職のスタッフよりも担当できる業務の範囲が広く、介護職にはできない仕事も多いため、老健では看護師は重宝されます。給料も看護職よりも高めに設定されています。

介護職が医療行為をしてしまうという現実

介護職は法的には医療行為はできません。だからこそ看護職が老健で勤務しているわけですが、実際は介護職が簡単な医療行為をしてしまうということは珍しいことではありません。

本人達や施設側はもちろん違法であることは分かっていますが、看護師の人数が十分でない以上は、看護師以外が医療行為をできないというのは無理がある訳です。

ご存知の方も多いかもしれませんが、2012年4月の法改正で介護士による医療行為が研修を受けることを条件に一部解禁されました。たんの吸引(口腔内と鼻腔内・気管カニューレ内まで、咽頭内は禁止)と経管栄養(胃瘻・腸瘻・経鼻経管栄養からの注入)の2つです。

これにより、介護職の業務範囲は広がることになりましたが、それでも現場では必要な医療行為がたくさんあり、それを違法だと分かっていながらせざるをえない現状に変わりはありません。

看護師なら誰しも感じることかもしれませんが、研修を受けたとしても、医療に関する教育を受けていない介護職に医療行為を任せるのは危険なのです。

老健だけでなく、介護士と看護師が協働するする施設では必ずこうした問題は起きます。看護師は自ら医療行為を行うだけなく、自分がいないときにどうすべきか、介護士にどれだけ任せるか、という点も考えながら業務の取り組むことが必要になります。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。