特別養護老人ホームで働く看護師の仕事と役割を解説

在宅看護をするナース

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホーム(特養)は社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設で、介護老人福祉施設とも呼ばれます。

対象者は65歳以上で要介護1~5の認定を受け、身体・精神上の障害のため常に介護が必要で、家での介護が困難な人になります。寝たきりや認知症のひとが多く入居しています。

民間企業が運営する老人ホームよりも入居費用が安いため、入居待ちのひとが非常に多く、全国の入居待機者数は約40万人とも言われています。申し込みをしても、入居までに数年間待たなければならないのが実情です。

似たような施設に介護老人保健施設(老健=ろうけん)がありますが、 老健は施設を出て自宅で生活できることを目標にして援助するのに対し、特養が終身に渡って援助しるという違いがあります。

特養の看護師の仕事内容

病院勤務の看護師なら点滴など医療行為をする機会は多くありますが、特養で働く看護師の場合、医療行為を行うことはあまり多くありません。

利用者の健康管理が中心となり、バイタルチェック、じょくそうケア、服薬管理、口腔ケアなどを行います。容態が急変した場合医師への連絡や病院への付き添いなどもしますし、食事や入浴、トイレの介助などのような介護業務もあります。

特養は基本的に24時間体制で運営されていますので、夜勤やオンコールで呼び出しもありますが、病院と比較すれば頻度はあまり多くありません。残業時間もなく定時で帰れることがほとんどです。

看護師の役割は大きい

病院とは異なり、特養では看護師の割合は非常に低いので、一人一人の看護師の役割は大きいです。介護職のスタッフは基本的に医療行為をできませんので、医療行為が必要になった場合には看護師が、自立して判断をしなければなりません。

判断が難しければ嘱託医師に連絡し、指示を仰ぐことになりますが、そのときに利用者の状態を把握して、的確に情報を伝えるのは看護師の仕事です。

そういう場面は必ずしも多くはありませんが、必要が生じたときには看護師の役割は大きいです。看護師は特養のスタッフにとっても利用者にとってもなくてはならない存在なのです。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。