特別養護老人ホームの看護師のメリットとデメリットを紹介

老人と看護師

メリット

・利用者とじっくり向き合える
・日勤のみで土日に休みをとりやすい
・職場環境がゆったりしている

特別養護老人ホーム(特養)は「治療する場」ではなく、「生活する場」であり、利用者が亡くなるまで終身に渡って支援をします。

病院では入院期間が短縮化の傾向にあり、一人一人と向き合うことは難しいですが、特養では時間をかけてじっくり向き合い、利用者に合わせた看護を提供することができます。

また、特養では基本的に夜勤は介護職員のみで、看護師が対応しなければならない仕事はありません。利用者さんの具合が悪くなったり、転倒したときには緊急で呼び出されることはありますが、頻度は病院よりもはるかに少ないです。

残業が少なく休日も比較的とりやすいので、プライベートの時間をしっかり確保したい看護師には理想的な環境です。

職場の雰囲気もゆったりとしており、病院のような慌ただしい雰囲気はありません。医療行為も必要最低限ですので、長らく看護の現場から離れている看護師や経験の浅い看護師でも勤務することができます。

デメリット

・看護師としての知識やスキルが身に付かない
・介護士との連携が難しい

特養では病院では日常的に行っている点滴や注射などの医療行為をする場面はあまり多くありません。看護というよりは介護に関わる業務が多くなるので、介護のスキルが身に付く一方で、看護師としての知識や技術はあまり身に付きません。

また、特養では職場が比較的ゆったりとしているので、病院での勤務に戻ったときにスピード感や忙しさについていけなくなりがちです。一度、特養の仕事に慣れてしまったら、病院には戻るときには苦労するということはデメリットです。

もう一つのデメリットとしては介護職との連携が難しいという点です。特養だけでなく、介護施設における介護士と看護師の仕事の境界線は非常に曖昧で、看護師が介護業務をしたり、看護師が医療行為をするという実態があります。

お互いの仕事の範囲や役割が原因でもめることはよくあることで、看護師から見れば「医療の専門教育を受けていない看護師が口出ししないでほしい」となりますし、介護士から見れば「介護が専門じゃない看護師が介護に口出ししないでほしい」となります。

上手に連携している施設もたくさんありますが、どんな施設でも多かれ少なかれ介護士との連携には苦労するというのは頭の片隅に入れておいたほうがよいでしょう。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。