精神科病院の看護師の役割と仕事内容は?

精神科病院とは

精神科病院は、精神疾患を診断された患者が精神科医療を受けられる病院です。

うつ病やアルコール依存症をはじめとし、幻覚や妄想、意欲低下や感情が鈍くなる症状をもち、生活が困難になった総合失調症の人が訪れます。

精神科病院には、いのちの危険に関わるような急性期の患者のための「精神科救急・急性期病棟」、慢性的な精神症状をもつ患者の「精神科慢性期病棟」があります。

また、認知症をもつ患者の「認知症治療病棟」、精神疾患と身体疾患を同時に治療する「精神科身体合併症病棟」などがあります。

精神科病院の看護師の役割と仕事内容

精神科病院で働く看護師の役割は患者の身体的・精神的な看護になります。具体的な仕事内容としては、点滴による薬物投与や血液検査、入浴介助、その他の療養支援などになります。

精神科には精神的な病をもった患者が訪れますので、興奮して暴れることや、病院から逃げ出したりすることもあります。

それを抑えることも精神科病院で働く看護師の仕事の一つになります。暴れる患者は女性だけでは止めようがないことも多く、男性の看護士が多く活躍しています。

なお、精神科病院の看護師の中には臨床心理士・認定心理士・ケアストレスカウンセラーなどの資格をもっているひとや、精神看護専門看護師や精神科認定看護師の資格をもっているひともいます。

そういうひとは専門的な看護スキルをもっているため、患者のメンタルケアや家族のケアなどに積極的に関わります。

シェアする

関連する記事

転職サイトの口コミランキング

おすすめコンテンツ

看護師に人気の病院ランキング
サイト上のアクセス数や滞在時間を元にして、看護師に人気のある病院を都道府県別にランキング形式で紹介しています。
看護師のお給料事情
看護師の平均年収や年収の高い大学病院ランキングなど、看護師のお給料に関わる情報を掲載しています。
キャリアアップにつながる資格
キャリアアップを目指すなら資格の取得がおすすめ。76個の資格を興味のある分野、予算、期間から検索することができます。
看護師の恋愛100人アンケート
彼氏はいる?どこで出会ったの?結婚は?みんなが気になる看護師の恋愛事情を独身の看護師100人にアンケート。その結果を大公開します。